コルセット

2018年12月 9日 (日)

男を誘をう

Photo

写真は「昨日・今日・明日」でのソフィア・ローレンである。ビスチェ風の下着をつけ、ビスチェ右足のガーターで吊り下げたストッキングを見せている。一方、左足のストッキングはすでに脱ぎ男を挑発するように見つけている。こんな挑発なら是非受けてみたいと思うようなセクシーさである。

2_2


次の写真は同じ映画の中でビスチェを脱いだ後の写真である。へその上にコルセットで矯正したラインが見て取れる。見事なウエストである。くびれたウエストは生物学的に繁殖期のサインであり、男はそれに誘われる。コルセットは少子高齢化を打破する起爆剤になるかもしれない。あなたも是非コルセットをお試しください。

2018年11月17日 (土)

コルセットの矛盾

Photo

写真は撮影年月日等不明であるが、アワーグラスコルセットを着用したソフィア・ローレンである。ウエスト部分が締め上げられたことによりバストが一段とボリュームを持った。彼女の身長は173cm、バスト96.5cm、ウエスト61cm、ヒップ96.5cmであるからもともと相当豊かなバストも持ち主だ。

その豊かなバストがアワーグラスコルセットによってさらにパワーアップしたわけだから大きいはずだ。一方ウエストはきちんと締まり美しい形を形成しているが、少し苦しそうにも見える。一方、臓器の下垂などのため下腹部はやや出てしまっており、アワーグラスコルセット下端のラインが見えてしまっているのも残念である。

コルセットは常に隠され、存在するが存在しないようでなくてはならないからである。また、苦しいかと聞かれたとき全く苦しくなく、快適であると答えなくてはならない。なぜなら、美しいウエストや豊かなバストがなんの代償もなしに得たものであることを示さなくてはならないから。

2018年11月 3日 (土)

男を落とす

Photo
写真は映画「求むハズ」、(原題The Millionairess、1960年)の中でソフィア・ローレンが見せたコルセット姿である。しっかりと締め上げたウエストが美しい。また、ガーターで吊られたストッキングとコルセットの間で生足が垣間見え、セクシーさを掻き立てている。もちろん顔立ちは美しくかつ整っている。
2
次の写真は背後からの撮影で、コルセットの紐締めの様子が見て取れるが、コルセット上部が十分に締まっていない。これは1960年代ではコルセットを日常的に使う習慣が廃れてしまっており、胸郭部分の矯正が十分にできていないためだろう。映画撮影時に急にコルセットを締めても、上部が十分に締まらなかったのだと思う。また、大女優にやや失礼かもしれないが尻はやや垂れ気味で全体に美しい丸みを感じない。残念なことだ。
映画のストーリーは堅物の医者が縷々あって落城するという話のようだ。男を落とすのにコルセットは大きな武器となる。

2018年10月27日 (土)

可愛いコルセット

Photo

写真は1965年、映画バスストップの撮影のため、コルセットを締めてもらうマリリン・モンローである。苦しい時の表情さえも美しい。思わず締める手に力が入ってしまうに違いない。

2

カラー写真で見るととても下着とは思えないほどカラフルで可愛いコルセットである。胸の赤いフリルとカップ頂点の黒いリボンが印象的である。また、ぎゅっと絞り込まれたウエストと負けず劣らずコルセット下部のフリルもセクシーだと思う。

映画バスストップの中での役どころは歌姫であるが、あまり歌は上手だと思えなかった。吉永小百合の歌のようだ。天は彼女に美しさを与えたが、歌の才能は与えなかったのかもしれない。しかし、コルセット姿が美しくかわいいのでそれも許されてしまう。得だ。

 

2018年10月20日 (土)

チャーミング

Photo

写真はブラジャー、ガータベルトとパンティー姿のベティー・ブロスマーである。なかなか大きなバストでるとともにガーターとストッキングの間の生足がセクシーである。ガーターとストッキングがほとんど絶滅してしまった現在貴重な写真でもある。

2

次の写真は最近のベティー・ブロスマーと旦那様のJoe Vaderである。

年齢は重ねたが、チャーミングである。ウエストもとても小さいように思える。幸せそうだ。

2018年10月13日 (土)

ストッキングとサスペンダー

3
写真はコルセット姿のベティー・ブロスマーである。彼女の写真の中でコルセット姿は比較的珍しい。この写真の中でとてもセクシーなところは胸の谷間である。バストは公称95cmであるから相当に豊満である。今にもコルセットのカップから乳房がこぼれだしそうである。バストが豊かでも無駄に太っていると食欲が減退してしまうが、バストが大きいのに他はスリムである。体重は45Kgだそうだ。ほんとだろうか?

次に視線が行ってしまうのはストッキングとサスペンダーである。サスペンダーは最近ほとんど見ることがなくなってしまったが、1950年代には必需品であった。ストッキングとコルセットの下端の間に生足が垣間見られる。それこそがパンストにないセクシーさのだいご味であった。

 

ことほど左様にコルセットとサスペンダーはセクシーな組み合わせだ。当店中古コルセットの中に一点あった気がする。サイズが合えばここで確保しておくのもよい選択ではないだろうか?

2018年9月29日 (土)

焦らし燃え上がらせる

前回紹介した写真はベティー・ブロスマーである旨のご指摘をいただきました。写真はマリリン・モンローではなく、ベティー・ブロスマーでした。お詫びし訂正いたします。

 

実は2014年1122日にベティー・ブロスマーついて書いていた。そこで改めて調べなおしてみた。彼女は193582日にカルフォルニアのパサディナ生まれ、その後ロスで育った、まだご存命のようだ。10代からモデルをし、運動も得意で、UCLAで心理学を学び、1961年、実業家ジョー・ワイダーと結婚し、ジョー・ワイダーの連れ子はいたが、二人の間には子供はなかった。

Photo

さて、上の写真は彼女のブラとガータードガードル姿の写真である。身長165cm、体重45Kg、バスト95cm、ウエスト46cm、ヒップ91cmとされている。数字を見るまでもなくバストは大変に豊かであり、ハーフカップにヒラヒラのついたブラは実に可愛い。吸い付きたい衝動に駆られる。46センチのウエストはコルセットトレーニングの結果に違いない。この写真ではコルセットを着用していないが、日常生活の中にコルセットが取り入れられていたのだろう。ガードルはガーターが付いており、その先のストッキングとの間の間隙から素肌が見える。その少し見える素裸悩ましくセクシーである。これまたすべてを取り去ってしまいたい衝動に駆られる。下着は体の一部を隠し、そのほかを見せる。男を焦らし燃え上がらせる作用がある。

ことほど左様に下着は重要なアイテムである。あなたの下着ポリシーを今一度考え直してみることも必要ではないだろうか?当店ではSy-01の価格を4900,Sy-03の価格を6500円と値下げ、中古コルセット個人売買コーナーどれでも2000円均一セール、スクイーム全品どれでも2000円均一セールなど大変お得なオプションをご用意しております。この機会にぜひご利用お願いいたします

2018年9月15日 (土)

女を磨き上げる下着


写真は1950年代のマリリン・モンローであある。まず、美形であり、大きなバストと極めて小さなウエストが美しくセクシーである。マリリンは身長166.4cm 体重53.5kg B94 W61 H86とされているが、真偽のほどは怪しい。しかし、バストは確かに94cmぐらいありそうだ。この写真を見る限りウエストは61cmよりはるかに小さいように思われる。このような小さなウエストはコルセットなしに決して実現できないサイズである。

コルセットはブラ、ガードル、ボディースーツなどにはない強烈な補正効果がある。ウエストは驚くほど小さくなり、バストが絞り出し理論により豊かにかつアップする。女を磨き上げる上で決め手となる下着であると言えよう。あなたもコルセットの効果を試されてはいかがだろうか。

当店ではSy-01の価格を4900円,Sy-03の価格を6500と値下げいたしました。これにより大変お買い求めやすくなりました。また、中古コルセット個人売買コーナーどれでも2000円均一セールを実施中です。大変お得なこの機会にぜひご利用お願いいたします。

2018年9月 8日 (土)

シルフィードコルセット値下げ!

関空の台風被害や北海道の地震など自然災害がなぜか多発している。日本に住む以上常に災害への備えを怠れない宿命かもしれない。被災者の方々には大変気の毒と思うが、明日は我が身との覚悟が必要だ。
2

しかし、平時の日本は安全で豊かであり、人生を楽しむことができる。限りある人生だからその時その時を美しく充実させて生きたいものだ。
さて、当店ではSy-01の価格を4900円,Sy-03の価格を6500と値下げいたしました。ぜひあなたの美しいボディーメイクのためにシルフィードコルセットをお役立ていただいてはいかがでしょうか?

Photo

2018年9月 1日 (土)

食欲抑制

いよいよ9月に入った。あの苦しいほどの暑さから解放されるかと思うとうれしいが、夏の終わりは若干さみしくもある。ところで日本の秋はおいしいものがたくさん出回り、ついつい食べ過ぎてしまうことも多いが恐ろしいのが肥満である。
Photo

肥満は豊かな社会であることの証明ではあるが、過度の肥満は様々な障害を引き起こす。肥満の防止は食べる量を抑え消費するカロリーを高めればいい。それは簡単だが難しい。このため、肥満を病気ととらえそれを治療するための食欲抑制剤なるものまで開発されている。食欲抑制剤の原理は下図のように食欲抑制剤がセロトニンの再吸収を妨害しセロトニン濃度を高く維持することで食欲を抑制するようだ。
2


人間ってすごいことを考えるものだが、薬である以上副作用は必ずある。肥満がよほど重症でない限り安易に使うことはできない。

コルセットは軽度の肥満や肥満の防止のための食欲抑制には大変よい方法である。コルセットの締め付けにより、胃の容積が小さくなり過食をすると苦しくなる。いやがうえにも食欲が抑えられる。肥満対策としてコルセットの着用を考えてはどうだろうか?

ただいまシシルフィードコルセットの50%OFFキャッシュバックセール実施中です。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ