« 人間の胸郭 | トップページ | コルセットの功 »

2018年5月26日 (土)

コルセットの罪

Photo
肺は自ら呼吸運動することはできない。そのため上の図のように胸郭には多くの筋肉が付随し、それらが収縮や弛緩を繰り返し、肺を膨らませたり、縮小させたりしている。普段意識することはないが、人体は非常に複雑で巧妙なシステムである。

2
次の写真は19世紀末英国女性の胸郭である。胸郭全体の容積も小さい。第四、五肋骨の軟骨はS字状に内側に曲がっている。また、胸郭下部が漏斗状にすぼまり、左右の肋骨が近接している。

こうした変化はコルセットを幼少時から着用した結果、胸郭が異常な成長をしたものと推定できる。このような形状の胸郭では正常な呼吸は困難であったに違いない。いわゆる肩で息をするような呼吸を常にしていたものと思われる。

この体幹部での大きな人体の非常に複雑で巧妙なシステムの働きを阻害し、様々な健康障害を引き起こす可能性があった。この意味からすると中国の纏足の方が罪が軽いかもしれない。

« 人間の胸郭 | トップページ | コルセットの功 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/66762289

この記事へのトラックバック一覧です: コルセットの罪:

« 人間の胸郭 | トップページ | コルセットの功 »

無料ブログはココログ