« 妄想の嵐 | トップページ | ネガティブな文化 »

2018年4月13日 (金)

時の評価

Photo
 纏足の習慣が始まったのは約千年前と言われている。1902年纏足禁止令が出たが、地方では1939年頃まで纏足を施していた。そのため纏足を施した女性が少数ではあろうがまだ存命である。

 前回述べた他、纏足を施す理由は歩行のバランスの崩れを内股の筋肉で補うため膣の締まりがよくなるともいわれているが、真偽のほどは不明である。このような性的必要性からの説明もさりながら、儒教思想を背景に女性を家庭に閉じ込めておくための手段とみるのはより正しいように思える。女に貞操を守らせ、亭主の征服欲求を満足させるのに纏足は都合がよかった。女にしてみれば、これで亭主を腑抜けにでき、結婚市場で有利な立場に立てる。事実、小さな足の女性には求婚が殺到した。

 今から当時を振り返れば纏足は異常でサディスティックな習慣に違いない。しかし、つい最近まで纏足はフェティシズムの対象であり、女性が纏足をしないなどということは考えられなかった。纏足をするのが正常でしないのは異常であった。女性も己が纏足に誇りを持っていたに違いない。しかし、時は評価を180度変えてしまう。

 

« 妄想の嵐 | トップページ | ネガティブな文化 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/66606668

この記事へのトラックバック一覧です: 時の評価:

« 妄想の嵐 | トップページ | ネガティブな文化 »

無料ブログはココログ