« 時の評価 | トップページ | 朝鮮 »

2018年4月20日 (金)

ネガティブな文化

Photo
このブログの趣旨からはややずれるが、中国の性習俗を語るとき、宦官の存在に触れないわけにはいかない。宦官というと宮廷の内部に深く入り込んで権謀術数の限りを尽くし政治を壟断、賄賂を貪る悪者のイメージが強い。大部分の宦官は無学で、がめつくて、卑しかったのだと思うが、司馬遷、蔡倫、鄭和など偉業を成し遂げた宦官も少なからず存在する。司馬遷はなんと紀元前90年『史記』を著し、蔡倫は紀元105年に紙を発明し、鄭和は1405年から数次にわたる大航海を指揮したことで有名である。中国の宦官の歴史も極めて長いものであったが、清朝の滅亡とともにそれも終わった。

日本は中国から漢字、思想、医学など多くのものを学んだ。しかし、纏足、宦官、科挙などは決して日本にもたらされることはなかった。当時の日本の指導者の英明さの表れであることは勿論だが、それ以上に中国文化と日本のそれが全く異なっていて、仮に導入したとしても定着しなかったからだと思う。

中国文化のネガティブな特徴は残酷さ、凶暴さである。その特徴は今、東シナ海、南シナ海、チベット、新疆、ウイグルでいかんなく発揮されている。纏足、宦官、科挙はなくなったが中国文化のネガティブな特徴は今もこれからも変わることがないだろう。日本人は相手も自分と同じ善良さを持っていると思っているが、とんでもない間違えだ。相手は残酷、凶暴であることを片時も忘れてはいけない、騙されてはいけない。

« 時の評価 | トップページ | 朝鮮 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/66630727

この記事へのトラックバック一覧です: ネガティブな文化:

« 時の評価 | トップページ | 朝鮮 »

無料ブログはココログ