« ボディースーツの着用者数と使い方 | トップページ | 東日本大震災 »

2018年3月11日 (日)

ボディースーツの構造、機能、特徴

前回に引き続き今回は、コルセットとボディースーツ併用にあたり大切な要素であるボディースーツについてやや詳細に考察してみたい。

ボディースーツの最大の特徴はクロッチについたスナップを外すことで簡単にボトムをオープンにすることができる構造を持っていることである。これにより素早くお手洗いを済ますことができ、また済ました後のクローズもまたスムーズだ。この便利な構造も着用中に体の動きとボディースーツの伸縮力でクロッチがオープンしてしまう可能性がある。もしそのようなことが起これば、ブラのホックが外れるより情けない事態であり、人前でそのようなことが起これば頭が真っ白になってしまうことだろう。

しかし、一旦クロッチの三個のスナップをそれぞれカチッと押し込み、軽い手ごたえを確認すれば問題の発生の心配はない。次の写真は、ボディースーツの伸縮性によりクロッチとスナップ引っ張り力が働いても、ボディースーツ内側からの圧力で伸縮力がスナップに対して鉛直方向の分力に転化することがないことを示している。                   Photo

これはまさに人体とボディースーツが一体化し力のバランスが釣り合ったときこうした効果が生まれる。また、この作用メカニズムは伸縮力、内圧が高まれば高まるほど強固な作用となるが、通常のサイズ、補正力のボディースーツ選択をすれば、ボディースーツの伸縮力でクロッチがオープンしてしまうことはないだろう。多くの場合、体のどんな動きをしたとしても、スナップが外れクロッチがオープンする心配はなく、安心して着用し続けることができる。だが、さらなる安心を求めるなら、やや小さめのボディースーツやハードタイプのボディースーツを選択すると更によりよいかもしれない。

このボディースーツのクロッチ部分の大変便利な構造、機能で長時間の連続着用が可能になる。また、人体側の内圧とボディースーツの側の強弱の差を意図的に設けた伸縮力が然一体となり、理想のボディーラインづくりに大きなアドバンテージとなる。

クロッチとスナップの特徴的な機能を意外に知らない方も多いので参考のためまとめてみた。

« ボディースーツの着用者数と使い方 | トップページ | 東日本大震災 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/66483788

この記事へのトラックバック一覧です: ボディースーツの構造、機能、特徴:

« ボディースーツの着用者数と使い方 | トップページ | 東日本大震災 »

無料ブログはココログ