« キャッシュバックセール | トップページ | コルセットをつけて出かけよう!! »

2016年3月26日 (土)

小さいコルセットを着けやすくする方法

コルセットのサイズ選びに関する問い合わせは少なくない。当店ではサイズで迷った時は小さめのサイズを選択されるようお勧めしている。なぜなら大きなコルセット何の役にも立たないが、小さいコルセットが着けずらい場合はは着けやすくする方法があるからである。今回はその方法を紹介したい。

人は立っている時、重力の影響で内臓に下垂力が働いている。このためコルセットを締めるとき、これに抗して絞り出すように内臓を上方に移動させなくてはならない。 しかし、上向きに寝た状態では内臓が背中の方向に押し下げられる力を受けるが、水平方向には自由に動く。このため、コルセットを締めるとき、下垂力による抵抗受けづ締まりやすい。
Photo
写真は小さなコルセットをシッカリ着用する方法を説明したものである。コルセットの型式は1950年代の前紐締め式であるが、後ろ締め式コルセットにも適用可能な方法である。 お尻の当てものと膝を立てることで内臓を胸部の方に移動させ、腹部やウエスト部自体のボリュームを小さくしておく。さらに寝た状態のままコルセットの紐を締めることで内臓を胸部の方向に積極的に移動させる。その後立ち上がっても内臓はコルセットの締め付け力のため下にさがることはない。この結果、立った位置では締まりにくかったり、小さすぎるコルセットも着用可能となる。是非お試しあれ。ただし締めすぎ注意です。
なお、只今キャッシュバックセール実施中です。大変お得なこの機会にあなたもコルセットをいかがでしょうか?

« キャッシュバックセール | トップページ | コルセットをつけて出かけよう!! »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/63399950

この記事へのトラックバック一覧です: 小さいコルセットを着けやすくする方法:

« キャッシュバックセール | トップページ | コルセットをつけて出かけよう!! »

無料ブログはココログ