« コルセットの着用 | トップページ | 危険なメソッド »

2015年8月15日 (土)

ヨーロッパに深く根ざした伝統

0

写真は2006年6月ロンドンのロイヤルオペラハウスで撮影されたオペラ、カルメンのリハーサルも模様である。歌手はリハーサルであってもシッカリとコルセットを着けている。

勿論、リハーサルでコルセットを着けているのは本番でもコルセットを着けることが前提である。コルセットを着けると腹式呼吸ができなくなり、胸式呼吸となるが、このときのの発声の感覚を養うためリハーサルでもコルセットを着けているあろう。コルセットは発声上の観点からは不利になるが、時代考証の観点からはコルセットの着用は必須のものだと思う。

コルセットがヨーロッパに深く根ざした伝統であることを感じさせる写真である。願わくばもう少しタイトなウエストであってほしいが、それも現代では難しいのかもしれない。

« コルセットの着用 | トップページ | 危険なメソッド »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/62090266

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパに深く根ざした伝統:

« コルセットの着用 | トップページ | 危険なメソッド »

無料ブログはココログ