« 印象派 | トップページ | 体型の変化 »

2014年7月25日 (金)

マーティン・キャロル

Nana_1955_martine_carol

写真はマーティン・キャロル扮する高級娼婦ナナである。
コルセットは貞淑さのシンボルであると同時に女性の性的特徴を際立たせ、男に性的妄想を巻き起こす作用も合わせ持っている。キッチリ締め付けたコルセットを脱がすわずらわしさは男を焦らし、性的高潮感は大いに高まる。まさに娼婦には欠かせない小道具であろう。

さて、その女優マーティン・キャロルであるが、1920年5月16日パリ生まれ。ステージデビューは1940年、映画デビューは1943年である。映画女優として上品なブロンドが最も美しい女性のひとりとして、数多くの作品に出演した。1940年代後半から1950年代前半にかけて、彼女は主要ななセックスシンボルであり、稼ぎ頭でした。彼女は1967年2月6日、モンテカルロホテルの部屋で、薬物乱用のためと思われる心臓発作で死亡した。

それにしても、美しくはかない。

« 印象派 | トップページ | 体型の変化 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/60042939

この記事へのトラックバック一覧です: マーティン・キャロル:

« 印象派 | トップページ | 体型の変化 »

無料ブログはココログ