« バッスル姿 | トップページ | 伊藤博文 »

2014年3月 9日 (日)

戸田極子

Toda

写真は戸田極子である。目鼻立ちの整った大変美しい女性である。また、当時流行のバッスル姿とコルセットで締め上げてウエストは対照を成し、その性的魅力を極限まで高めている。

Senen1

一方、こちらの写真は旧千円札の伊藤博文である。その国の通貨に自らの肖像が採用されるほど有名な明治期の政治家である。しかし、伊藤は女には目が無かった。富と権力で、妾を次々と囲った。そればかりか、鹿鳴館で行われた内閣総理大臣主宰の舞踏会の際、極子は伊藤に強姦されている。

伊藤は自ら望むものは手段を選ばず手に入れる人物だったのだろう。現代ならば伊藤は必ず社会的に抹殺されるに違いないが、明治期にあっては男の甲斐性、勲章と考えられた。伊藤はどのような人物だったのだろうか?

« バッスル姿 | トップページ | 伊藤博文 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/59261311

この記事へのトラックバック一覧です: 戸田極子:

« バッスル姿 | トップページ | 伊藤博文 »

無料ブログはココログ