« ボディースーツの24時間、365日着用 | トップページ | ゴム製ファンデーション、スクイーム »

2013年10月16日 (水)

ゴム製のガードル

ポリウレタン弾性繊維は1959年デュポン社により製品化され、日本ではアメリカとの技術提携により1963年から工業生産された。ブラジャー、ガードルやボディースーツに使用されルようになった。しかし、それ以前のファンデーションにはゴムが使用された。写真は1939年ごろのゴム製のガードルである。

Twilfit_1939_rubber

分厚いゴムに小さな穴を開け、通気性を確保する工夫はされてはいるが、本来吸湿性のないゴムは決して快適な付け心地ではなかったと思う。しかも、ゴム特有の刺激臭を持っていた。しかし、当時としては女性の活動範囲を飛躍的に広げる画期的なファンデーション素材であった。

« ボディースーツの24時間、365日着用 | トップページ | ゴム製ファンデーション、スクイーム »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/58397986

この記事へのトラックバック一覧です: ゴム製のガードル:

« ボディースーツの24時間、365日着用 | トップページ | ゴム製ファンデーション、スクイーム »

無料ブログはココログ