« 鹿鳴館の時代 | トップページ | スカートの膨らみに付いての研究 »

2013年6月27日 (木)

バッスル以前

Crinoline
時代は遡るがバッスル以前の1840~60年代にはクリノリンがスカートを膨らませていた。クリノリンもコルセットも、現代のボディースーツやガードルなどの下着類も、その存在目的はただ一つ、女性の性的魅力を高めることに尽きる。

クリノリンは女性の下半身を極端に誇張し、自然な女性の姿を隠し、自らの周囲に異性を拒否するかのような障壁を作り出すことでその目的と効果的に達成する。男性はその膨らみの中を空想し、自らを拒否するものを追い求める。そして夫だけが妻の真の姿を知る権利を与えられるのである。

なんとも男性の強く妄想を掻きたてるクリノリンスタイルではあるが、このスタイルは女性は多く制約を与え、それ故、主として上流階級の女性の使用に限られていたのではないかと思う。このため、クリノリンに様々な改良がなされるが、この延長線上にバッスルが存在するのではなかろうか。

Crinoline2

着席を容易に改良したクリノリン

« 鹿鳴館の時代 | トップページ | スカートの膨らみに付いての研究 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/57673761

この記事へのトラックバック一覧です: バッスル以前:

« 鹿鳴館の時代 | トップページ | スカートの膨らみに付いての研究 »

無料ブログはココログ