« 日本人とコルセット | トップページ | ラバーコルセット »

2013年5月10日 (金)

コルセットのブラジャー、ガードルへの分化

1910年代までコルセットは全ての欧米女性にとって必需品であったが、1913年のブラジャーの発明を契機として、コルセットはブラジャーとガードルへと徐々に分化して行く。当時、今日ガードル、ブラジャー、ボディースーツに使用されているポリウレタン繊維は発明されていなかったので、コムを木綿糸で巻いた素材やゴムそのものでガードル、ブラジャーやオールインワン(ボディースーツ)の素材として使われた。
Hitchcock_39_2

もちろんゴムは空気や湿気をとおさない素材なのでガードルには小さな穴が無数にあき、蒸れを防止している。それでも今日のガードルに比べるとあまり快適とはいえないように思う。

« 日本人とコルセット | トップページ | ラバーコルセット »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/57356575

この記事へのトラックバック一覧です: コルセットのブラジャー、ガードルへの分化:

« 日本人とコルセット | トップページ | ラバーコルセット »

無料ブログはココログ