« 比較 | トップページ | 婦人の労働参加とコルセット »

2013年5月21日 (火)

ガードルとコルセットの狭間

Spencer_1927_corset_31

写真は1927年のガードルである。しかし、現在のガードルとは多少趣をことにしている。

これは、当時の流行であったボーイシュなスタイルを実現するため、ヒップを覆い扁平に整える発想で作られている。また、身体を締め上げる前紐とベルトはコルセットの発想に似ている。目的、形式からコルセットでもガードルでもない中間的下着と考えて良いように思う。

しかし、女性が身体を締めることで身体の欠点を補正し、安心感を得、貞節のシンボルとしての意味はコルセットと同じなのかもしれない。

« 比較 | トップページ | 婦人の労働参加とコルセット »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/57427794

この記事へのトラックバック一覧です: ガードルとコルセットの狭間:

« 比較 | トップページ | 婦人の労働参加とコルセット »

無料ブログはココログ