« オープンボトムガードル | トップページ | ガードルとコルセットの狭間 »

2013年5月19日 (日)

比較

広告宣伝では、その製品に対するイメージを良くすること、その製品を使った新たなライフスタイルを提案をすることが大切である。しかし、良いイメージや新たなライフスタイルの提案だけでは不十分で、具体的に効果を示すことも欠かせない。
Spencer_1941_21

具体的に効果を示すため、比較は重要な手段である。写真は誤った下着と正しい下着を比較しその効果を具体的に示している。更にそれだけではなく、その製品を使用したライフスタイルの提案も含まれている。1941年ごろの古い広告写真だが、中々良く出来ているように思う。

この一枚の古い写真は、オールインワン(ボディースーツ)がトータルな効果を持つこと雄弁に語っている。あなたも当店のボディースーツをお試しください。

http://www.corset.jp/hoseiset.html

« オープンボトムガードル | トップページ | ガードルとコルセットの狭間 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

わりと最近だと、モデルさんや芸能人などメディアに映る人などが、
日本でもコルセット着用されてることも増えてるかもしれません。

また、若い人でコスプレやロリータファッション等のドレスを着る人だと、
コルセットも使われる方(たぶんシルエット改善などのため)もいるようで。

メディアと付き合いのあるコルセット職人さんも日本でおられるようですね。

https://twitter.com/natsumekasumi

写真位置が変わるかもしれませんが、
左上2枚は、46cm(外回り48cm)くらい、右上は40cm(短時間限定)だそうです。
都内の、某コルセット職人さんのイベントでの写真なのかも。

日本女性で、やせ型の方だと、数字自体は小さくなりますね。
(リンクした方は、地方の地元モデル事務所などで活動の人)

http://news.aol.jp/2012/10/10/nerina-orton-britains-thinnest-waist-corset-23-hours-per-day_n_1948654/

少し前に記事が出たイギリス女性の話にある通り、
1日じゅうだと内臓の位置も変わるし、外すと内臓がまた動くとか、
ちょっと怖い気もします。

日本でも数年前にTV紹介されたspookさんの場合も、
どうも外国語のHP記事の印象だと、ある日、何か苦しみがあって、
(内臓の位置が急に動いたりの激痛?)、
以降は、ふつうの18インチのコルセットに戻したように読めました。
まあ、彼氏との関係が変わったか何かあったかもですが。

夏目かすみさんもオートンさんもすごくきれいなウエストです。
コルセットがもっともっと普及するように頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/57415010

この記事へのトラックバック一覧です: 比較:

« オープンボトムガードル | トップページ | ガードルとコルセットの狭間 »

無料ブログはココログ