« 婦人の労働参加とコルセット | トップページ | コルセットの広告 »

2013年5月26日 (日)

リリウオカラーニ

Liliuokalani1

写真はハワイ最後の女王リリウオカラーニ(1838-1917年)である。女王に相応しい美しいウエストである
ハワイは1894年以前は立憲君主制のもと、ハワイ王国として独立した存在だった。しかし、1893年、ハワイ経済を支えていたサトウキビ実業家らの共和制派によってハワイ革命が起こされた。ハワイ人による反対集会が繰り返される中、1894年7月4日、臨時政府は共和国の独立宣言を行なった。翌1895年1月6日、王政派が反乱を起こすが、数日の銃撃戦の後に新政府軍に鎮圧された。1月16日リリウオカラニの私邸より、あるいはイオラニ宮殿の庭からたくさんの銃器が見つかったとして、リリウオカラニは反乱の首謀者の容疑で逮捕され、イオラニ宮殿に幽閉された。1月22日、反乱で捕らえられた約200人の命と引き換えに、リリウオカラニは女王廃位の署名を強制され、ハワイ王国は滅亡した。それ故リリウオカラニは現在でもハワイ人の敬愛を受け続けている。また、音楽を愛好し、ハワイ民謡として有名な「アロハ・オエ」の作曲者でもある。
一方、強引な手法でハワイをアメリカに併合した共和制派のサンフォード・ドールは開拓宣教師の息子で、弟のジェイムス・ドールはパイナップルの栽培で成功をおさめドール・フーズ・カンパニーの創設者として有名である。しかし、そのパイナップルもハワイではほとんど生産されていないようだ。

Hawaii11

ハワイは常時3万人の日本人が滞在する日本人の大好きな観光地で、平和な楽園としてのイメージが強いが、白人移住者の陰謀、日本人移住者の苦難など楽園とは程遠いように思う。しかし、遊びに行くには良いところだ。

« 婦人の労働参加とコルセット | トップページ | コルセットの広告 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/57462904

この記事へのトラックバック一覧です: リリウオカラーニ:

« 婦人の労働参加とコルセット | トップページ | コルセットの広告 »

無料ブログはココログ