« コルセット着用者インタビュー | トップページ | ピアノレッスンとコルセット »

2012年12月 6日 (木)

タイタニックとコルセット

北大西洋航路は,ヨーロッパとアメリカを結ぶ大幹線で、船会社間の競争も激しく,各社が船の豪華さとスピードにしのぎを削っていた。そんな中、1912年4月10日、豪華巨船「タイタニック」号が2223人を乗せ、イギリスのサウサンプトンからニューヨークへ向かう洋上で氷山にぶつかって沈んだ。

このタイタニックの大惨事は多くの人々の心に刻まれ、これまで五回も映画化されている。1997年映画化の「タイタニック」はタイタニック号の恐怖にプラスして、レオナルド・ディカプリオ演じる三等船客の貧しい画家とケイト・ウィンスレット演じる一等船客の富豪のご令嬢との恋を織り交ぜ、怖い映画、同時に涙のロマン映画に仕立てられている。
Titanic31

映画の中でケイト・ウィンスレットが着用したコルセットは1912年当時流行したスライトフロンテッドコルセットである。現代の女優はコルセットトレーニングしていないので仕方ないかも知れないが、ウエストの括れが不十分で、当時の状況を正確に表現できていないように思う。残念なことです。しかし、よくできた作品でした。

Titanic11

« コルセット着用者インタビュー | トップページ | ピアノレッスンとコルセット »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/56264466

この記事へのトラックバック一覧です: タイタニックとコルセット:

« コルセット着用者インタビュー | トップページ | ピアノレッスンとコルセット »

無料ブログはココログ