« ドイツでのコルセット着用例 | トップページ | ガードルの登場 »

2012年6月11日 (月)

コルセットの衰退

「1911年ポール・ポアレはコルセットを必要としないドレスを発表し、500年にわたるコルセットの歴史は幕が下り。ポアレはコルセットを追放した。」と服装史の本には書かれている。しかし、ブラジャーの発明なしにコルセットの追放などありえなかったのではないだろうか?コルセットを着けなかったらバストは何の支えもないことになる。今、ブラジャーをしない女性はいるだろうか?もし、ブラジャーを着けないとどうなるのだろうか?このことは女性ならすぐ気づくはずだ。

Mary
ブラジャー発明はイタリアのマリイ・クロスビーとアメリカのマリー・フェルブ・ジャコブよるが、マリーはブラジャーの特許を1913年に取得しているので法的な意味での発明者はマリーと言える。ブラジャーによってコルセットは衰退を余儀なくされたが、決してなくなったりはしていない。コルセットは追放されなくてはならないような悪魔の下着ではなく、500年間女性のバストを支え、ウエストを整えてきたのである。また、ボディースーツ、ガードル、ウエストニッパーなどの下着にその発想は生きている。現代の女性はブラジャーもボディースーツもコルセットも選ぶことができる。しかし、少しでも多くの女性にコルセットの役割や効果が正しく認識され再び使われるようになることを望んでいる。

« ドイツでのコルセット着用例 | トップページ | ガードルの登場 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/54936470

この記事へのトラックバック一覧です: コルセットの衰退:

« ドイツでのコルセット着用例 | トップページ | ガードルの登場 »

無料ブログはココログ