« スカートの中の秘密 | トップページ | コルセットカバー »

2012年5月 6日 (日)

スカートの中の秘密 2

Bs


ウエストをキッチリ締めた視覚的効果を最大限に高めるためにはスカートは大きく膨らんでいた方が好都合である。しかし、大げさなクリノリンや長いバッスルは生活に不便で、労働者階級の女性には不向きだったと思う。写真のバッスルは1884年、イギリス製、ブランド名「ニュー ファントム」鋼線と綿のテープで作られていました。
想像ですがブランド名の由来はイスに自由にかけられ、かけたときワイヤーが上にたくしあがるので”ファントム=”幻”と名ずけられたのかなーと思いました。バッスルもコルセットもなんとも想像を掻き立てる小道具だ。
Bw

一方、こちらは1885年、フランス製、ワイン色の光沢のある更紗、中には藁がつめられている。
皆様はどちらがお好きでしょうか?

« スカートの中の秘密 | トップページ | コルセットカバー »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/54648902

この記事へのトラックバック一覧です: スカートの中の秘密 2:

« スカートの中の秘密 | トップページ | コルセットカバー »

無料ブログはココログ