« コルセットトレーニングその3 | トップページ | 日本におけるコルセット着用例 »

2012年4月18日 (水)

コルセットによる胸郭の変化の機構

 なぜコルセットを着け続けることで胸郭の変化が起こるのだろうか?
あまり、知られていないことであるが、我々の骨格は常に新陳代謝を繰り返している。その周期は概ね100日から150日といわれている。もう少し、具体的に述べると、まづ、破骨細胞が酸で骨を溶かす、そのあとに芽骨細胞が新たなカルシュームを沈着させる。こうした繰り返しによって我々の骨は常に必要な強度を保っている。
今、胸郭にコルセットで常に一定の形の外力加え続けた場合、新たに作られる骨は外力に応じた形に従うこととなる。この結果胸郭はコルセットの曲線に合った美しい形へとへんかする。コルセットトレーニングの効果が現れるのは概ね三ヶ月程度が必要であるが、これは骨の新陳代謝の周期にほぼ一致する。これは決して単なる偶然ではない。

当然のことだが、このコルセットが胸郭を美しく変化させる機構はコルセットを着けなくなったとき反対の方向に作用する。すなわちほぼ三ヶ月で元の形に戻ってしまうことが予想される。このため、一旦美しいウエストを手に入れたとしても、コルセットを引き続きつけ続けることが必要である。左にコルセットで矯正した胸郭と矯正していない胸郭のスケッチを示す。
Med_ill2

« コルセットトレーニングその3 | トップページ | 日本におけるコルセット着用例 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/54504614

この記事へのトラックバック一覧です: コルセットによる胸郭の変化の機構:

« コルセットトレーニングその3 | トップページ | 日本におけるコルセット着用例 »

無料ブログはココログ