« キャシー ユング | トップページ | コルセットと映画 »

2012年4月23日 (月)

コルセットと映画

コルセットは様々な映画の主要なシーンに登場している。そのなかでのとりわけ有名なのが『風と共に去りぬ』ではないだろうか?

De_0751

 どの衣装が自分の魅力をいちばんよく発揮して、愛するアシュレを魅了することができるだろうか。朝の八時からあれこれと着たり脱いだりしたあげく、いまスカーレットはレースのパンタレットにリンネルのコルセットカバー、それに大きく三段の波のある、レースとリンネルのペティコートという格好で、途方にくれ、いらいらしながら立っていた。                

 腰のことを考えたので、彼女の心は、ふと現実の問題にかえった。緑のモスリン(註=スカーレットが選んだ洋服)は、腰回りが17インチなのに、マミー(註=黒人の侍女)はボンバンジを着てゆくものと思って、コルセットの腰を18インチにつけていたのだ。だからマミーを呼んで、もっと強く締めなおさなければならない。‥‥‥お盆をそこへおいてコルセットを締めておくれ」とスカーレットは気短に言った。「あとで、すこし食べてみるわ。いま食べるとコルセットがうまく締まらないから」‥‥‥                                       

 そう、なにかにつかまって息を吸いこむだよ」と命令した。スカーレットは、言われるままに、寝台の柱につかまって身がまえた。マミーは強くぎりぎりまで締めつけたが、鯨骨でつくった腰部の細いところがだんだん締まってくると、マミーの目には誇らしげなやさしい表情がうかんできた。「お嬢さまみたいな、こんないい腰をもっている人は、まずねえだね」と彼女は、ほれぼれと言った。「スエレンお嬢さま(註=スカーレットのすぐ下の妹)だって、20インチより細く締めると、いつも気を失うだからね」「ふう!」とあえぎ、スカーレットは苦しそうに言った。「あたしなんか、気が遠くなったことなんて一度もないわ」             

« キャシー ユング | トップページ | コルセットと映画 »

コルセット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585725/54544241

この記事へのトラックバック一覧です: コルセットと映画:

« キャシー ユング | トップページ | コルセットと映画 »

無料ブログはココログ